しこりニキビってなに?

ニキビができても小さくて平坦なものなら目立ちませんし、それほど気になりません。
しかし、中には大きくなって硬くなってしまうものもあります。しこりがある状態にまでなると炎症を起こしているだけでなく悪化している状態であり、跡に残るリスクも高くなります。
茶色い色素沈着が表れやすいのもこのタイプであり、誤った対応をしないように気をつけなければなりません。

元々ニキビは毛穴に皮脂が詰まることで発症します。皮脂は肌に常在しているアクネ菌にとって栄養分であり、栄養を得たアクネ菌はどんどん増殖していきます。
アクネ菌が増殖すると、それを抑えようとする働きが生まれます。
血液中の白血球の一種である好中球がそれに当たり、アクネ菌に対抗する作用を見せます。好中球とアクネ菌が戦うことによってできるのが膿であり、膿を伴うまでになると痛みが現れ始めます。

好中球とアクネ菌の闘いが続いていくうちに毛穴の壁が破壊され、炎症が起こって痛みが出てきます。
炎症が起これば今度は肌本来の働きによってダメージを修復しようとする作用が働いてコラーゲンなどが過剰に生成されます。
これがしこりニキビの原因となり、治るのに時間がかかります。このしこりニキビとよく似た症状を持っていても別のものもありますので、正しく判別できるように正しい知識を身につけなければなりません。

しこりニキビとよく似たものに毛のう炎があります。
毛のう炎は毛穴の奥で毛根を包んでいる毛包にブドウ球菌が感染して引き起こされる病気であり、しこりやできものになります。
ムダ毛処理を行った後に発症しやすいものですので、多くの人が経験している症状の一つです。他にも、良性の腫瘍である粉瘤はしばしば見られます。
皮膚の下の袋状のものに角質や皮脂が溜まってできるものであり、菌が繁殖すると赤くなって痛みを伴うようになります。
見た目や症状はとてもよく似ていますので、どちらか分からない場合には皮膚科を受診するのが安心です。

しこりニキビは顎にできやすい?

しこりニキビは顎にできやすいという特徴を持ちますが、この理由は明白です。顎の部分の皮膚は他と比べると硬いからです。
皮膚が硬くて厚いためにしこりニキビができやすくなってしまいます。
実際に症状を引き起こしているのはホルモンバランスの乱れやビタミン不足、ストレス、夜更かしなどですが、これらの要因によってできたニキビも最初の頃には初期の白ニキビです。

しかし、顎の部分は皮膚が厚いので皮脂がなかなか表面まで出てくることができずに白ニキビも改善されずに埋まったままになってしまいます。
そこにアクネ菌が繁殖して炎症を引き起こすことになり、顎の皮膚を押し上げられてしこりとなります。ダメージを受けた皮膚を再生させるためにコラーゲンなどの生成量が増えるのは正常な働きですが、この場合にはしこりの主な要因となります。

顎以外でも同じように皮膚の硬い場所ならしこりニキビができやすくなります。
一度できてしまうとなかなか治りませんし、大きくて目立ちますので自分で潰してしまう人も多いようです。
しかし、潰すと皮膚の深層を傷つけてニキビ跡になってしまう可能性がありますので、あまり触れないようにすることが大切です。
膿が出るということは、それだけ周辺の組織が破壊されている証拠ですので、誤った対処をすると更にダメージが大きくなります。

自分でケアを行う場合にはニキビ薬を塗って様子を見るのが一番です。薬を塗る時以外にはあまり触れないようにして、清潔に保つように心がけます。
腫れ具合が酷い場合やどんどん悪化していく場合には、やはり皮膚科を受診した方が良いようです。ニキビケアでは生活習慣の改善も必須となりますので、不規則な生活を見直すことが重要です。