ニキビと吹き出物ってなにが違うの?

いつの間にか顔にできてしまっているぽつんとしたニキビですが、時には吹き出物と呼ばれたりします。
そうなると、自分の顔に今できているものはどちらなのかよく分からなくて、対策するにもどうしたら良いのか悩んでしまう方も少なくありません。

よくニキビと吹き出物の違いはあるのか話題になっていますが、厳密にはどちらも同じ症状です。
ちょっとした普段の生活の中では小中学生ぐらいの若い世代にできるものがニキビ、20歳を超えている大人にできるものが吹き出物だと言われる事もあります。
大人になってからだとそのような分類をされてしまう事もありますが、ホルモンバランスが崩れるなどして皮脂が過剰に分泌されて毛穴が詰まってできてしまうというところには何ら変わりはないのです。

子供と大人の生活習慣は違いますから、ニキビと吹き出物と言われてしまうと違うように聞こえてしまうのは仕方がありません。
けれども、皮膚が炎症を起こしてできているものであることには変わりませんので、治療や対策に関してはどちらとも同じようにして構いません。
病院に出かける時には皮膚科に出かけて診てもらえば、薬も適切なものを処方してもらえます。

対策としては肌を清潔に保つ事はもちろんですが、乾燥しないようにしっかりと保湿を行う事も大切です。
生活習慣も見直して食事内容を変えたり運動を取り入れたりすることも効果があります。ストレスなどもニキビや吹き出物の発生に関係してきますので、できるだけ心労を溜めないように生活をするのも重要です。

一度出来たらどちらの場合もすっきり治るまでに時間がかかりますので、できないように予防をしていく事が大切です。
もし顔にできていても潰したりしないようにするのはどちらとも共通していますから、丁寧なケアを行う様にして下さい。
今では概ね呼ばれ方の違いだけと言う認識になりつつありますので、どちらができたとしても早めの対策をすることが綺麗に治す秘訣です。

大人ニキビと思春期ニキビの違い

ニキビは若い世代にできるもの、そして吹き出物は二十歳を超えた大人にできるものというイメージが定着しつつある中で、吹き出物だと何となく言葉の意味合いが悪いように取られてしまうので、大人ニキビという呼ばれ方をすることが増えてきました。
それに対応するようにして、若い世代にできる時には分かりやすくそのまま思春期ニキビとして呼ばれています。

大人ニキビと思春期ニキビはできているものは同じですが、できるまでの理由、過程が違っています。
大人ニキビの場合にはどちらかと言うと日々のストレスが溜まったり、偏食や睡眠不足などが理由で新陳代謝のサイクルが狂ってしまった結果できてしまいます。

対する思春期ニキビは男女共に成長していく中でホルモンバランスが崩れやすくなっていて、皮脂の分泌量が増えてできているものなのです。
そのため、成長していくとホルモンバランスは安定していきますので、そうした過剰分泌も段々収まってくるので自然と綺麗になっていくのです。

大人ニキビも思春期ニキビもできて嬉しいものではありません。
思春期ニキビはその内収まるだろうと思って油断をして生活習慣が乱れたままになっていると、知らないうちに原因が変わっていて自分にできているのは大人ニキビだったという事にもなりかねません。
同じニキビであることには変わりませんが、子供時代のケアをそのまま続けても治りにくい場合がありますので、自分にできているのはどちらなのかは一度考えてみるのも治療のためには有効です。
我慢せずに病院で診てもらうことも早く治すためには必要な事なので、大人でも子供でも変わらずに気になるようであれば、生活習慣の見直しを含め治療をしていくようにしましょう。