ニキビにオロナイン軟膏は効く?効かない?

オロナイン軟膏は火傷や擦り傷などの外傷をはじめとする外傷治療薬としての働きやオロナインのもつ殺菌効果によりさまざまな皮膚疾患の治療薬としても重宝する軟膏です。
その万能薬アイテムとして家庭で常備している方も多く昔から愛され続けている商品であるのも特徴です。
オロナインは白色のテクスチャをした親水性の軟膏です。
第2類医薬品として分類され主に皮膚疾患や外相疾患に有効に働くとされている理由にはオロナインの成分にあります。
オロナイン軟膏は殺菌効果に優れた働きをもつクロルヘキシジングルコン酸塩液が有効成分です。このクロルヘキシジングルコン酸塩液が20パーセント配合されています。

クロルヘキシジングルコン酸塩液の成分による殺菌効果は次のような働きがあります。
肌トラブルで炎症を伴う症状に対して使用することでその炎症が悪化してしまい傷口が化膿してしまうことを予防してくれます。
効果効能の記載にニキビや吹き出物への効果も示されています。これはオロナインの主成分であるクロルヘキシジングルコン酸塩液の効果である殺菌と抗菌作用によるものです。
ですからニキビの原因ともされているアクネ菌にも効果的で有効成分で殺菌してくれることがニキビへの治療効果に良い影響を与えてくれます。

オロナインは親水性軟膏でオリーブオイルなどの保湿成分も配合されています。
過剰な乾燥を招くニキビ治療薬と比較してもオロナインは保湿効果も同時に得ることができます。特に大人ニキビは余分な皮脂だけが問題ではなく乾燥による肌荒れも大きな要因です。
オロナインは乾燥による大人ニキビ、なかでも白ニキビに効果的に作用してくれる期待が高まります。

オロナイン軟膏はさまざまなタイプの肌質に使用することができます。しかしすべてのニキビタイプに効果的に働いてくれる訳ではありません。
オロナイン軟膏が効くニキビと効かないニキビをしっかりと理解し上手にお肌のケアに取り入れることが大切です。

オロナインでニキビが悪化する場合も!?

まずはじめにオロナイン軟膏の効果の大きさとしてニキビに対してはマイルドな働きを持ちます。
ニキビに効果的に作用するタイプとしては白ニキビと赤ニキビです。この2つのニキビの種類にはどちらにも作用します。
しかし重症化した紫のような吹き出物には効果は薄いです。このようなタイプは吹き出物の跡がクレーターとなる可能性もあるので適切な処置を皮膚科などで受けることがおすすめです。
どのような肌質に使用できますがオロナイン軟膏は油分を含んだクリームであることも忘れてはいけません。使用しているなかで使用感が合わずに吹き出物が悪化した場合は使用を控えるのが賢明です。

正しい使用期間をある程度把握しておくことも重要です。オロナイン軟膏を長期的に使用することはおすすめできません。
なぜならばオロナインは優秀な抗菌作用、殺菌作用がある反面常用化することでお肌の持っている常在菌を乱す原因になるリスクを伴うことも無視できません。
ですからいくら万能薬だからといって常用するのではなく使用する期間を設けて使用することが正しいです。使用期間は1週間程度にとどめるのが理想的です。

にきび跡への効果は期待できません。仮に良くなったとしてもそれは保湿成分によりにきび跡などの赤みの改善が早まったからです。
これは他の保湿クリームと大きな違いはありません。ですから出来ている吹き出物にはマイルドな効果で改善が期待できますが出来てしまった跡に対しての改善は他の方法でアプローチするほうがより効果的です。
1週間ほど使用してみて効果が実感できない、または悪化したなど症状がでたときは専門の治療を受けることも大切です。適切な使い方とタイプを知り正しく使用することで効果がでます。