ニキビに良い食べ物・悪い食べ物

ニキビと食べ物の関係性は深く、普段の食事によって大きく肌は変わっていきます。
食べ物によってもニキビに良いものと悪いものがあるため、ニキビに悩んでいる方は、まずはそちらを把握して普段の食生活を変えていく努力をしていくようにしましょう。
まず、ニキビに良い栄養素としては、ビタミン類となります。

ビタミンA
豊富に含まれる食べ物としては、レバー、うなぎ、卵が挙げられます。
ビタミンAが多く含まれる野菜もたくさんあり、ニンジン、ホウレンソウ、かぼちゃ、ニラなどがあります。
ビタミンAは油と一緒に摂取することで吸収率が高まるため、野菜炒めなどがおすすめの食事となります。
ビタミンC
ビタミンCはニキビだけでなく肌トラブル全般に効く栄養素となるので、女性の方は積極的に摂取していくようにしましょう。
豊富に含まれる食材としては、ピーマン、パセリ、柿、レモンなどが挙げられます。ビタミンCが含まれている飲み物も多いので、そちらから簡単に摂取することもできます。
ビタミンE
ビタミンCと同様に美容に有効となる栄養素の一つとなり、抗酸化作用があることで知られています。
多く含まれる食べ物としては、すじこやイクラ、たらこなどの魚卵に多く含まれています。他にも抹茶やアーモンド、ひまわり油に多く含まれているとされています。
ひまわり油はサラダにかけて食べるのも良いですし、炒めものにして食べることもできるので、ビタミンEを効率良く摂取していくにはひまわり油がおすすめとなります。
ビタミンB
肌の再生を促し、多く含まれる食べ物としては納豆、卵、マグロなどがあります。
ビタミン類以外ですと、腸内環境を整える乳酸菌や食物繊維が多く含まれる食べ物を摂取していったほう良いでしょう。
食物繊維が多く含まれる食べ物としては、主に野菜に多く含まれていますが、芋類や豆類に多く含まれています。乳酸菌としては、キムチやヨーグルト、ぬか漬けなどの発酵食品に多く含まれています。

ニキビを治すには食事以外の生活習慣も大事

ニキビを治すためには、まず普段の食生活を変えていきますが、食生活を変える以外にも生活習慣が大事となっていきます。ニキビをなるべく早く治したいという方は、食事と併用して生活習慣も見直していくようにしましょう。
生活習慣として最も重要なことは、毎日の睡眠となります。食事と同様に睡眠は毎日行うものとなり、ニキビとの関係性も深いと言われています。
眠っている長さを気にするよりも、眠る時間帯を気を付けて行ったほうが良いです。
睡眠は量よりも質となるため、肌に良いとされている時間帯が存在します。成長ホルモンの分泌が促され、肌の再生力が上がる時間帯としては、夜の22時から2時の間となります。
こちらの時間帯に眠ることによって肌の回復力が高まり、ニキビの治りも早くなっていきます。

肌に良いとされている時間帯に眠る以外にも、睡眠の質を高めるためには睡眠を阻害してしまうものを無くしていく必要があります。
まずは、脳を覚醒してしまう作用のあるコーヒー、タバコなどの摂取は控えていくようにしましょう。
コーヒーは夕方以降には飲まず、タバコは眠る2時間前くらいには吸わないようにしたほうが良いです。
また、お酒も睡眠の質を下げてしまうものとなり、肌荒れの原因となってしまうため、こちらも数時間前に飲まないようにしたほうが良いです。

睡眠以外にも、重要な生活習慣としては、運動となります。
運動によって血行が促進され、代謝が高まるため、ニキビを改善させるためには必要な生活習慣となります。
社会人になると運動不足になっている方が多い傾向にあり、運動不足はニキビだけでなく肌トラブルの大きな原因ともなるので、毎日少しでも時間を取って体を動かす習慣を取り入れていったほうが良いでしょう。