ニキビの面皰圧出治療とは

面皰圧出とは、ニキビの内部にある内容物を摘出する治療法です。
丸い穴のあいた専用器具を患部に押し当て、コメドやニキビの芯(角柱)、皮脂、膿を出す方法です。面皰圧出は保険が適用されるので、皮膚科で一般的に行われています。

基本的にはどのタイプのニキビにも適した治療ですが、特に白ニキビの段階で処置することが多いです。
手順は、皮膚を消毒し、ニキビ先端に針やレーザーを使って微小な穴をあけます。病院によって、針を用いるところとレーザーを用いるところがありますが、どちらでも特に変わりはありません。
穴をあけるという前処置を施すことで、ものすごく小さな傷だけで治療ができます。
穴をあけない状態で圧出をすると、皮膚が破れて大きな穴があき、跡が残る可能性も出てきてしまいます。
指先や毛抜きを使って自己流につぶし、内容物を出す人がいますが、適切なやり方で微小な穴をあけずに行うので、たいていの場合、傷跡のようになってしまうことがあります。自己流はやめた方が無難です。

専用の器具は「アクネプッシャー(面皰圧出器)」という道具で、この器具を使ってニキビの内容物を全て排出させます。
内容物を上手に出し切るには、経験が物を言いますので、専門医に任せる方が良いことは言うまでもありません。

面皰圧出のメリットは、治療を行った後すぐにニキビが消え、治癒もとても早くなることです。
また、レーザーを使って穴をあけた場合、その箇所が熱の作用で殺菌され、皮脂腺も熱の影響を受け、同じところにニキビができにくくなります。

面皰圧出は治療ですが、ニキビをつぶしているのと同じような行為なので、跡が残るのではないかと不安を感じる人もいますが、この治療で跡が残ることはありません。
非常にリスクの少ない治療法です。なぜなら、内容物を出す際に、表面に微小な穴をあけ、内容物の通り道を作るので、皮膚の他の部分を傷付けることがないためです。
跡が残るのは、穴をあけず強引に内容物を出すやり方をした場合であり、専門医が専用の器具を使って行う治療とはわけが違います。

面皰圧出はあくまでも対処療法

面皰圧出の治療は、根本的な治療ではありません。すでにできてしまっているニキビに対して行う対処療法です。
面皰圧出はニキビを早期に消失させるための有効な手段に過ぎず、予防の効果はありません。

面皰圧出の処置を行う際に、レーザーを使って穴をあけた場合は、皮脂腺が焼かれるので、同じところにまたできることはほとんどありません。
そういう意味では予防という考え方ができるかもしれませんが、顔中にある全ての皮脂腺をレーザーで焼くことは不可能なので、予防という発想はしないのが普通です。
面皰圧出は、ニキビができにくい肌環境を作る手助けとなる治療ではありませんので、また他のところに繰り返し発生することを理解しておく必要があります。
同じ肌環境であれば、また新しく発生することは容易に想像できますので、今あるニキビには面皰圧出の対処療法を、今後のためにはホルモン療法といった根本療法を併用することも視野に入れるべきです。

面皰圧出は、ニキビの対処療法の中でも優れている治療法なので、やらないよりもやる方が良いです。
リスクがかなり少ないにもかかわらず、すぐに消失させることができ、保険も適用されるため、皮膚科医もすすんで行う処置です。

顔中にたくさんのニキビが出て少しでも減らしたい、これ以上ひどくなるのを避けたいという場合は、特に有効でおすすめできますが、対処療法はその時の状態を落ち着かせるものなので、面皰圧出だけに頼るのは良くありません。
皮膚科医に、予防のためのアドバイスを聞き、実践できるものから始めていく方が、根本治療につながり、肌もきれいになります。
費用もそれほど高くはありませんので、即効性のある対処療法として受けてみるのも良いでしょう。