ニキビはうつる?うつらない?

ニキビが他の人からうつる可能性があるのではないかと心配される方も多くいらっしゃる様で、ネット上でもQ&Aサイトや掲示板などでも、プールでうつることはないか、同じタオルを使っても大丈夫かなどの相談が見られます。
ニキビを発症する原因としては、油っぽい食生活や、睡眠不足、不規則な生活やストレスなどが挙げられます。
そのため、たまたま生活習慣や食生活などが変わってしまったために、ニキビを発症するようになったというパターンもあります。

恋人と付き合いだしてからニキビが増えたというような方もいらっしゃいますが、そういった方の場合は、そのパターンの可能性があります。
恋人と付き合いだしてから外食が増えたり、肉の摂取量が増えた、メールや電話などで睡眠不足など、相手に合わせた食生活や、心に感じるストレスなど、原因となるものが多くあります。

ニキビができるのにはその人の肌質や体質といったものや、そのときの抵抗力というのも影響しており、疲れが溜まっている場合にはホルモンバランスが乱れることによって、皮脂の分泌が増えたり、免疫力の低下などがニキビの原因となります。
皮脂が増えることで、毛穴が詰まってしまうということも発症するリスクとなり、肌機能が低下しているときには、外的要因に弱くなり、ニキビを発症しやすくなってしまいます。
ニキビがうつるといういわれる要因には、そういった体調や生活習慣の変化などが、発症し始めたときと重なったという可能性もあります。

主な原因はアクネ菌ですが、直接的にそのアクネ菌が肌につくだけで感染するということはほとんどありません。そのため、肌と肌を触れ合ったとしても、すぐにそれが発症につながるということはありません。
発症しないために特に重要なのは、正しいスキンケアと生活習慣の改善などです。
また、アクネ菌が付着することを防ぐこともとでも、発症するリスクを減らすことができます。普段の生活習慣の見直しなどをすることがおすすめです。

ニキビがうつることはありません

他人からでも、自分自身からでも、ニキビがうつるということはありません。
うつらない理由として、ニキビの原因となっているアクネ菌は、常在菌として、だれの皮膚にもあるため、例え、人に付着したからといってすぐにニキビができるということはありません。
ニキビがうつるという表現ではなく、ニキビの原因であるアクネ菌が付着することによって、発症の可能性があるということが正しい表現となります。
そのニキビの原因となるアクネ菌が付着することを減らす対策をすることが重要となります。
そのため、ニキビを触った手で他の場所を触ると、アクネ菌が付着してしまう可能性が高くなるため、リスクを減らすために手洗いをキチンとすることがまずは大切です。
常に手洗いや洗顔などをしっかりとして清潔に保つことが大切です。

メイク同士の貸し借りも危険があります。直接触れてしまうことはなくとも、スポンジやパフなどを通じて、間接的に触れてしまう可能性もあります。
男性でも髭剃りの貸し借りなどをした場合も同様に危険が高いです。衛生的にも良くありません。
パフやスポンジなどは、洗わないと雑菌が増えてしまうため、食器用洗剤で洗うか、専用のスポンジクリーナーを使って洗うことがおすすめです。

最後に、人のタオルやマフラーなど、人から借りたものを借りるのもアクネ菌がうつる原因となってしまいます。
人から枕などを借りる場合も同様に枕もあまり洗わないため、雑菌が繁殖している可能性があるため、なるべく気を付けることが大切です。
一番は、人が使ったものはアクネ菌が付着している場合があるためつかわないということが大切となります。
付着したとしても繁殖させない、発症させないために対策を行うことが大切です。