ニキビ跡をうまく隠すメイクの仕方

ニキビ跡を隠すというと、真っ先に思いつくのはコンシーラーでしょう。
コンシーラーはシミやくすみなどお肌の部分的なアラをピンポイントにカバーしてくれ、均一で美しいメイクの心強い味方です。
もちろんニキビ跡を隠すのにも適していますが、きちんとコンシーラーのテクスチャや色味を選ばなければ、隠すどころか逆に目立ってしまうことだってあります。

ニキビ跡はたいていが赤みのある色素沈着した状態です。赤みをカバーするには、赤色の補色であるグリーンが効果的です。
コンシーラーではグリーンの色味は少ないので、化粧下地のコントロールカラーでグリーン系を選び、ベースを整えるのが良いでしょう。
赤みが強くない場合はコンシーラーでイエロー系やベージュ系が適しています。凹凸の少ないニキビ跡であれば、テクスチャの緩いクリームコンシーラーでも良いですが、しっかりカバーしたい場合はスティックタイプやペンシルタイプを選びます。

特にペンシルタイプは油分が比較的少ないので、まだ炎症が残っているようなニキビにも対応できます。
ただし炎症しているニキビは基本的に刺激を加えず、どうしても隠したい時は薬用のコンシーラーを使うのが悪化させないための原則です。
コンシーラーの色味は、自分の肌と同じかやや明るめの色を選びましょう。また濃い色を乗せた後に自分の肌に合わせた色を乗せることで、よりカバー力はアップします。
コンシーラーは厚く重ねると、後に重ねるメイクがムラになってしまい、カバーしたいポイントが目立ってしまうので、できるだけ薄く少ない量で済むように工夫する必要があります。

薄付きでもしっかりカバーしてくれるコンシーラーが理想です。
また色素沈着のニキビ跡は外的刺激でなかなか治らないということもあるので、できるだけお肌に優しい成分であることはもちろんのこと、塗布する際にお肌をこすったり傷つけたりしないように気を付けましょう。
カバー力が強いのはペンシルタイプやスティックタイプのコンシーラーですが、塗布する際のお肌への負担が比較的少ないのはクリームタイプやリキッドタイプです。

メイクをしっかり落とさないと新たなニキビの原因に

ニキビ跡は隠すばかりではなく、丁寧にケアしながら肌のターンオーバーを利用して薄くしていくことも大切です。
薄くなっていけば将来的に隠すためのメイクが減り、清潔感のある美しいメイクも目指せます。メイクでしっかり隠したら、同じくらいしっかりメイクを落としましょう。

そもそもニキビは、正常なターンオーバーができなくなったために毛穴に皮脂や外的な汚れが詰まって炎症を起こした状態です。
ニキビができなければニキビ跡もできないわけですから、そうした悪循環に陥らないためにも、きちんとしたケアでお肌の正常なターンオーバーを促す必要があります。

皮脂の分泌などは個々人の体質や生活習慣で差がありますが、メイクがしっかり落とせていないメイク汚れがニキビの原因となっている場合があります。
どんなに綺麗にメイクできていても、化粧品は外的刺激ですし肌ストレスであることに変わりはありません。
お肌に化粧品が残ったままでは毛穴が詰まりやすくなりますし、お肌のアラを隠すためのコンシーラーは密着性が高いので尚更しっかり落とさなければなりません。

たっぷりのクレンジング剤で、お肌をこすらないよう優しいタッチでメイクと馴染ませましょう。
濃いポイントメイクはポイントメイク専用のリムーバーで丁寧に落としていきます。
クレンジング剤をしっかりとすすいだ後は、弾力のあるたっぷりの泡の洗顔料でお肌を包み込むように優しく洗います。たっぷりの泡を使うことで、顔の隅々までしっかりと行き渡らせることができます。
すすぎはちょっと多いなと思うくらいたっぷりして、メイクとクレンジング剤と洗顔料の全てが確実に流せるようにしましょう。
目頭の窪みや小鼻、顎とフェイスラインはすすぎ残しやすいので気を付けます。