白ニキビと黒ニキビの違い?色々なニキビの種類

ニキビを触る女性ニキビにも様々な種類があって、対処法も異なります。初期のニキビは角質の乾燥やホルモンバランスの乱れによってバリア機能が低下することで起こります。
肌の柔軟性が失われ、分泌された皮脂が角栓となって毛穴を塞いでいる状態です。ごく初期の頃のニキビは周辺の皮膚との違いがよく分からないため、この段階で気付くことは難しいとされています。

白ニキビ
見た目にも変化が出てきます。角栓によって詰まった毛穴に皮脂が溜まってしまい、白い部分が目立つようになります。
この段階ではまだまだ初期であり、セルフケアだけでも十分に治せます。
黒ニキビ
初期段階ではありますが、白ニキビよりもかなり目立ちます。黒ニキビの場合には詰まった皮脂が空気に触れて酸化することで黒く変色しています。
多くの人が気にするようになり、自分で無理やり取り出す人も出てきます。
白ニキビや黒ニキビはそれほど心配な症状ではありません。しかし、赤ニキビになると話は別です。
赤ニキビ
L炎症を起こしていますので、安易に潰したりすると跡に残る可能性があります。
炎症を起こしている最中は痛みを感じることもありますし、メイクをしにくいといった問題も発生します。赤ニキビからは本腰を入れてケアを行わないと後々へのダメージが心配です。
黄ニキビ
赤ニキビよりも更に深刻な状態です。赤ニキビは炎症をおこしているだけですが、黄ニキビになるとそこに膿が溜まっています。
膿が溜まるほどの重症ですので、肌に触れるにも気を使います。肌中では真皮にまでダメージが達していて、炎症が治まった後でもクレーター跡や色素沈着が残る可能性があります。
紫ニキビ
炎症状態が極限まで悪化しています。毛穴の中に膿と血が溜まっていて、腫れあがっている状態です。
紫ニキビになると跡に残る可能性が高くなりますし、触れるだけで痛みがあります。黄ニキビや紫ニキビになる前に何とかしたいところです。

それぞれのニキビの対処方法

ニキビの対処法では種類別に考えます。

白ニキビ
この場合には毛穴に詰まった角栓を取り除くことで改善されますので、洗顔で毛穴の中まで綺麗にする方法が有効です。
また、薬局などで売られているコメドプッシャーで芯を出せば、白ニキビはすぐに改善できます。
黒ニキビ
白ニキビと同様であり、毛穴の詰まりを無くせば改善できます。
また、洗顔やお手入れで刺激を与えると新たなニキビの原因となりますので優しく触れるようにし、保湿を行うことも忘れてはいけません。
角質層の保湿を行うことで皮脂の分泌量が上手くコントロールされ、毛穴の詰まりを予防できます。
赤ニキビ
まず第一に炎症を抑えなければなりません。
抗炎症作用のある軟膏を塗って、炎症が鎮まったら保湿ケアを充実させたり食事バランスを整えたりして強い肌を作れるようにケアします。
炎症がなかなか鎮まらない時には皮膚科で抗生物質の塗り薬や飲み薬を処方してもらうのも良い方法です。
黄ニキビ
アクネ菌だけではなく黄色ブドウ球菌が皮膚に入り込んで炎症が広がる恐れがあります。
強い痛みを伴うことも多いので、病院を受診した方が安心です。受診すると抗生物質やステロイド注射による治療が行われます。レーザー治療も黄ニキビに有効です。
紫ニキビ
ここまでいくと自分でケアしようなどと考えてはいけません。
炎症は極限まで悪化していますので、治療を受けるにしても長引きます。紫ニキビの治療は切開が必要になるケースもあり、切って滞留物を取り除きます。
繰り返すニキビにはホルモン療法も行われますが、ホルモン療法を行うと体の内側からアプローチできますのでニキビのできにくいコンディションを作ることができます。